医療過誤の問題をすっきりと解決、弁護士の相談が大きなきっかけ

大きな味方

医療過誤があったのではと感じたら

医師も人間です。どんなに優秀な医師であってもミスをする事はあります。例えば、1000人の患者の内、999人を救ったけれど1人を誤診で死なせてしまったとします。この医師は、客観的にみれば1000人中999人を救った優秀な医師と言えます。ですが、誤診で亡くなった患者の遺族にとっては、その医師は医療過誤で患者を死なせてしまった医師に過ぎないのです。それに、医師個人のミスだけではなく、病院の体制の問題が原因でミスが発見できないというケースもあり得ます。 では、このような医療過誤があった場合、遺族はどうすればよいでしょうか。遺族にとっては納得できない点があったとしても、病院や医師を追及するのは容易な事ではないです。そこで、取り得る手段として、弁護士に相談する事があげられます。

弁護士に相談する方法があります

但し、弁護士に相談してそれで解決するという事ではないです。まず、相談する弁護士事務所を吟味する必要があります。医療過誤を追及するからには、医療についての専門的な知識が必要です。ですが、一人の弁護士に、医師に劣らないほどの医療の知識を期待するのは現実的ではないです。ですが、特定の医療過誤について豊富な知識をもつ弁護士は存在します。各分野の医療過誤に詳しい弁護士を揃えた事務所であれば、遺族の希望に応えられる可能性が高くなると言えます。そして、医師の協力も必要です。そのためには、医師とのネットワークを構築している事務所でなければいけないのです。そのような弁護士事務所に相談する事が、遺族の苦しみをわずかでも和らげる事につながると言えます。

Copyright © 2015 医療過誤の問題をすっきりと解決、弁護士の相談が大きなきっかけ All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com