医療過誤の問題をすっきりと解決、弁護士の相談が大きなきっかけ

きちんと確認

医療過誤の事実を再確認

医療過誤というケースは、素人だけで無く医療の専門家でも判断が非常に難しい問題です。 もちろん、医療関係を専門とする弁護士であっても同様でしょう。 医療関係への造詣が深いほど、医療過誤という判断を下すまでに慎重な調査や確認作業を怠りません。 しかし、それも医療の素人である一般人はそのような確認を怠りがちです。 家族など大切な人がその病院の治療で死亡したかより重要になったという、その事実だけですぐに医療過誤と即断し、弁護士へ相談して、なおかつ裁判所に訴えようとします。 医療過誤という問題は非常に大きく、そうした訴えを起こしたというだけで、病院側は大きなダメージを受けるでしょう。 医療過誤で訴える前に、医療ミスの可能性があったか実際に確認しておくことは必須です。 できれば弁護士に相談する前、もしくは相談している間に医療過誤の確認は必ずしておきましょう。

過失が明らかなら示談へ

医療過誤として医療機関側の過失が明らかならば、まず弁護士は病院側と話し合い、示談の形に進めてくれるでしょう。 示談と聞くと一般の人は余り良いイメージを持たないかも知れませんが、医療過誤の分野においては示談の形で済ませることがお互いに最も適切と言えるのです。 いくら医療機関側の過失といっても、治療の結果が悪い方向に行ったのは病院側に全責任があるわけではありません。 そもそも入院や治療が必要なほど健康を損ねたことに問題の本質はあり、医療ミスはあくまでその後押しをしただけという考え方もできます。 なにより、示談では無く裁判沙汰として病院側と争うことになれば、大きな壁として医療関連の専門知識の有無が問われることになるでしょう。 示談という形が、病院側にとっても患者側にとってもお互いにリスクの少ない最適な落としどころだからこそ、相談した弁護士のほとんどがその形で済ませられるよう尽力してくれるのです。

Copyright © 2015 医療過誤の問題をすっきりと解決、弁護士の相談が大きなきっかけ All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com